海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  >  エアラインプロフィールTOP  >  LCC(格安航空会社)とは?お得な航空券の探し方  >  格安航空(LCC)とレガシー・キャリアとは?

格安航空(LCC)とレガシー・キャリアとは?

格安航空会社の歴史は長いのだが、日本に就航するようになったのはごく最近のこと。
日本人には馴染みが薄いために、これまで利用していた航空会社と比べて何か違うのか、よく知らない人も多いことだろう。
ここでは、格安航空会社と既存の航空会社の違いや、それぞれのメリット、デメリットを確認しておこう。

メール プリント もっと見る

最近、よく耳にするようになった「ローコスト・キャリア(LCC)」。格安航空会社のことだが、「ノンフリル・キャリア」などとも呼ばれる。
LCCが登場したのは、1960年代のアメリカだった。
既存の航空会社(レガシー・キャリア)との攻防を経て、欧米では10年以上も前から普及していたのだが、日本に就航するようになったのは2007年のことだ。
ではLCCは、レガシー・キャリアと何が違うのだろうか?

実は、LCCについて明確な定義はない。
一般的には、「コスト削減を徹底することで、レガシー・キャリアと比較して、格段に安い航空券を提供しているエアライン」のことを指す。
そのため、LCCにカテゴライズすべきかどうか、人によって判断がわかれているようなエアラインもある。

どれくらい安いのかは、比較するエアラインや路線、時間帯や季節などによっても異なるが、
たとえば、関西国際空港-ソウル便の、それぞれの往復料金を比べてみよう。
レガシー・キャリアのエコノミー・クラスの正規料金が10万円超なのに対して、LCCはその半額程度。
また、割引を利用した最安価格を比較しても、やはりLCCは、レガシー・キャリアの半分程度の料金なのだ。

では、安価な料金をウリにするLCCにデメリットはないのだろうか?

サービスの違いを知っておこう

まず、レガシー・キャリアで普通に受けていた無料のサービスが、LCCでは有料になることが多いと考えたほうがよい。
エアラインによって多少の違いはあるのだが、機内で無料で提供されていた、飲み物や食事、毛布、枕、イヤホンなどが有料になる。
空港で受託手荷物を預ける際にも、無料で預けられる重量制限枠が最初から無かったり、あるとしても軽めに設定されているので、すぐに追加料金が発生してしまう。

また、シートピッチが狭くて座席が多少窮屈だったり、レガシー・キャリアではメジャーになった座席モニターが搭載されていないなど、機内の設備面でも見劣りする部分がある。さらに、1日あたりの便数を増やすため、そして空港での駐機時間を節約するため、かなりタイトなフライトスケジュールが組まれており、フライト時間に遅延が生じやすいのもデメリットだ。

とはいえ、これらが気にならない人や割り切れる人にとっては、「破格の安さ」というのは、非常に魅力的だろう。

もちろん、LCCが就航している路線でも、あえてレガシー・キャリアを選ぶ人もいるだろう。
料金は高くとも、レガシー・キャリアにはそれだけのメリットがあるからだ。

シートピッチは、たいていレガシー・キャリアのほうが広めに設けてあるし、機内サービスも充実している。
また、概して遅延やキャンセルが少ない、というのも安心材料だ。
レガシー・キャリアは、LCCに比べて、都心に近い第一空港を利用しているケースが多いので、アクセスが便利という点もメリットに挙げられるだろう。

さらにレガシー・キャリアの場合、マイレージが貯まる、というのも魅力のひとつだ。

旅の目的に合わせて選択可能

何を重視してエアラインを選ぶか、というのは、ひとりひとり大きく異なるはず。

「出張なので、遅延の少ないレガシー・キャリアで」あるいは「出張先の会議の終了時間がはっきりしないので、レガシー・キャリアのフライト変更が可能な航空券で」という人もいれば、「自営業なので、出張経費を抑えるためにLCCで」という人もいるだろう。

また、「レジャーなので、LCCで交通費を節約して、現地で贅沢をしよう」という人もいれば、「レジャーなので、レガシー・キャリアの機内サービスを満喫し、次の旅行のためにマイレージも貯めておこう」という人もいるかもしれない。

要は、「LCCとレガシー・キャリアのどちらがいいのか」という問題ではなくて、各自の旅の目的や好みに合わせて、適したほうを選べばいいのだ。

LCCという選択肢が増えたことは、多くの旅行者にとって歓迎すべきことだろう。

地球の歩き方ストアで航空機グッズを購入する

旅行用快適グッズ



海外格安航空券を探す