海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP   >   エアラインプロフィールTOP   >   ヨーロッパ  >   デンマーク  >   スカンジナビア航空の機内食・アメニティー

スカンジナビア航空 機内食

スカンジナビア航空(SK)の機内食や機内設備、空港サービスなどの情報を提供します 。

スカンジナビア航空

スカンジナビア航空の機内食・アメニティー

特別メニュー

コーシャミール、低カロリー食、ベジタリアンなど15種類のスペシャルミール。またお子様・幼児用の食事もあり。スペシャルミールは出発24時間以上前の事前のリクエストが必ず必要。

スカンジナビア航空(SAS)

ビジネスクラス

機内食

大陸間長距離路線の機内食のコンセプトは「スカンジナビアン・ワールド・クッキング」。新鮮なフルーツや野菜をふんだんに使用し、栄養バランスを考慮したヘルシーな低脂肪食が特長。メインは4種類の中から選べる。テーブルウェアでは、陶器は「ロイヤル・コペンハーゲン」、カトラリーは「ジョージ・ジェンセン」、グラスとガラス食器は「オレフォス」とスカンジナビア・テイストを演出。また、ビュッフェコーナーもあり、エスプレッソやカプチーノ等も楽しめる。

エコノミーエクストラ

機内食

1回目はカクテルとコールドスナック、サラダから始まる3コースの食事を用意。メインコースでは2種類の食事の中から選び、フレッシュなパンそしてデザートも楽しめる。その後、コーヒー・紅茶そしてコニャック・リキュールがサービスされる。フライトの長さにもよるが、2回目の食事までの間は、ジュース、水、スナック、サンドイッチなどを用意。

エコノミークラス

機内食

1回目の食事は3コースで、サラダ、ホットミール、フレッシュなパン、デザートを用意。到着前に、夜間フライトでは朝食、日中のフライトではコールドミール。食事と一緒にカクテルやアルコール飲料(シャンパンは除く)がサービスされる。 コーヒーと一緒に飲むリキュールや、2回目の食事までの間のアルコール飲料は有料。

ドリンク

大陸間長距離路線のエコノミークラスでは食事の時以外でのアルコール飲料は有料。ソフトドリンクはフライトを通して無料。

スカンジナビア航空のエンターテイメント

全てのクラスにパーソナルビデオスクリーン装備。ビジネスクラスおよびエコノミーエクストラではビデオオンデマンド方式で楽しめる。 ミュージックチャンネル、シネマチャンネル、TVゲームがある。
機内誌 充実した内容の日本語機内誌「SCANORAMA」を発行。また英語版「SCANORAMA」もある。英語で書かれているが美しい写真が多く、見ているだけでも楽しい。
機内販売 各種ブランド香水、化粧品、アクセサリー、お酒などに加えて、東京路線独自の北欧のお土産を自宅に届けるホームデリバリーサービスあり。
日本人客室乗務 日本路線には2名の日本人スタッフが乗務している。
子供向けサービス 子供用の娯楽番組やチャイルドミール、スリーピングバッグ、おもちゃ、ゲームなどを用意。おむつ交換用のテーブルも設置されている。

地上サービス

【搭乗前】
<空港内ラウンジ>※ビジネスクラス、またはSASユーロボーナスゴールド会員のみ対象
コペンハーゲン空港では「SASビジネスクラス」ラウンジ、成田空港では「クラブANA」ラウンジを利用できる。
※SASもしくはスターアライアンスパートナーエアラインの搭乗券必要。

<チェックインサービス>
搭乗クラスに関係なく、全ての乗客がインターネット・チェックインを利用できる。出発便の22時間前から1時間前までSASウェブサイトからインターネット・チェックインが可能。お預け手荷物をチェックインするには、空港チェックインカウンターで手荷物タグをつけて置く。

以下はヨーロッパ各主要都市、およびニューヨークでのチェックインの際に利用できる。
同時チェックイン :日帰りの往復両便のチェックインが同時に可能。
スルーチェックイン :同日乗り継ぎでスカンジナビア航空提携会社を利用の際、最終目的地までのチェックインが可能。

<バゲージ・ピックアップサービス>
ビジネスクラス、大人正規運賃のチケットを日本で購入した場合のみに有効。自宅、オフィス、ホテルから空港への荷物を無料で運ぶサービス。1人2個62kg以内。

※2011年3月25日現在の情報
旅行用快適グッズ

ヨーロッパにもどる



海外格安航空券を探す