海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP   >   エアラインプロフィールTOP   >   北米  >   カナダ  >   エア・カナダの機内食・アメニティー

エア・カナダ 機内食

エア・カナダ(AC)の機内食や機内設備、空港サービスなどの情報を提供します 。

エア・カナダ

エア・カナダの機内食・アメニティー

特別メニュー

ベジタリアン、ローコレステロール、各種宗教食が用意されている。受付けは出発の24時間前まで。

エグゼクティブ・ファーストクラス

機内食

カナダ料理、アジア風料理、懐石スタイル日本料理の計3種類からチョイスできる。3カ月ごとに変更されるメニューは常に本格的なものだ。洋食を選択してもオードブルなどで和風料理を楽しむことができる。また、朝食でも和食のチョイスが可能。デザートもカマンベールチーズ、メロン、オレンジ、パイナップル、和菓子、チョコレートケーキ、パイ、ラムレーズンアイス、バニラアイスなど多彩。
また、食べたいときに軽食がとれる「セカンドミールサービス」もあり、オムレツやベルギーワッフル、パンケーキ、キッシュ、サンドイッチ、おかゆなどから選べる(メニューは3カ月ごとに更新)。
夜中にお腹がすいてしまったお客様のために、前方ギャレイに新鮮なフルーツやお菓子のバスケットも用意されている。

ドリンク

ウェルカムドリンクはシャンパン、オレンジジュース、マンゴージュース、ミネラルウォーター。その他各種ワイン(カナダワイン含む)、食前酒、ビール(日本、カナダ)、スピリッツ、リキュール類、ソフトドリンク、日本酒、コーヒー、紅茶、日本茶、ホットチョコレート、コニャック、カナディアンクラブは通常のバーサービスで用意されている。

エコノミークラス

機内食

メインは2種類からチョイスでき、常に1種類は和風を取り入れるようにしている。例えば海老天丼、和風チキンの照り焼き、すき焼きなど。もう一方はチキンのカレー風味など洋風になっているが、マイルドな味付けなので食べやすい。カナダ到着前の朝食も和洋いずれかを選べる。

ドリンク

各種ワイン(カナダワイン含む)、ビール(日本、カナダ)、スピリッツ、リキュール類、コニャック、カナディアンクラブ、ソフトドリンク、コーヒー、紅茶、日本茶などが用意されている。

エア・カナダのエンターテイメント

好きな時に好きなエンターテイメントを楽しめる。
エア・カナダでは、乗客が機内で楽しく過ごせるよう、全ての席でオンデマンドビデオ方式による300時間分のエンターテイメント番組の中から、お好みの作品を選ぶことができる。今月の長編映画、テレビ番組、オーディオ・セレクションなどの機内エンターテイメントの番組表は「enRoute」の新しいサイトまたは機内誌 「EnRoute 」の今月号で確認。
機内誌 英語とフランス語で書かれた機内誌「en Route」がある。
機内販売 ブランド品を限定したエア・カナダの「エッセンシャル」。香水、化粧品、アクセサリー、時計、洋酒とバランスのとれた品揃えだが、人気が高いのが機内限定品や、アイスワインなどカナダならではのアイテム。特にスモークサーモンやメープルシロップが人気。ビザ、マスター、アメックス、ダイナースが利用できる。
日本人客室乗務 日本線運航便には日本人または日本語の話せる乗務員が常時2~3名乗務しており、エグゼクティブ・ファーストクラスも担当している。
その他 子供の一人旅や、体の不自由な人のフライトを手助けしてくれるサービスがある。リクエストすればチェックインからサービスが受けられる。

地上サービス

空港内ラウンジ
エグゼクティブ・ファーストクラスの乗客は、カナダの国内空港ではエア・カナダ専用の「メープルリーフ・ラウンジ」が利用できる。特にトロント、モントリオールのラウンジでは、ゼロックス、マイクロソフト社などと協力し、オフィス機能(デジタルPC、インターネットのアクセス、クーリエ・サービスなど)を充実させている。また、トロントのピアソン空港国際線内のラウンジにある、ソニー・エンターテインメントセンターの利用も可能で、ビジネスセンターを備えるなど設備が充実しており、フライト前の空き時間をゆっくり過ごせる。日本では成田空港内は全日空の「CLUB ANA LOUNGE」が利用できる。

座席指定サービス
エグゼクティブ・ファーストクラスは予約の際に希望の座席が指定できる。エア・カナダのコールセンターまたは旅行代理店に直接申し込みを。

手荷物優先受領サービス
エグゼクティブ・ファーストクラスの乗客の手荷物にプライオリティー・タグを付けて優先的取り扱いを実施している。

エア・カナダの航空券を探す

旅行用快適グッズ

北米にもどる



海外格安航空券を探す